お出かけ

2017年10月19日 (木)

秋晴れに誘われて~

夕暮れも早くなり、秋色深まりつつあるヘム地方
朝からくっきり青空が広がり、はは様は一日丸々フリーshine
即決定、午前中から始動~~~ヘムrvcardashdash

187
何年ぶりかなぁ・・・ 到着したのは、秋田国際ダリア園

134
一応、はは様に付き合って笑顔ぶってますが・・・
実はモデル撮影、好きではないのだぁsweat01sweat01

167
このダリア 「浮気な雨」って花名happy02
その由来が知りたいねぇ~~~  紫色の絞り入り↓

163_2

175
園内はハチにトンボが大量乱舞中  
僕が、ハチに刺されまいと首をフリフリ接近を回避すると
背中でひと休み中のトンボが、ビックリして逃げていくありさまcoldsweats01
自然界、やはり大きいなモノは強しscissors

Photo
キレイで立派なダリアを愛でる目線ではなく
根元目線。。。。 肥料たっぷりの肥えた土に興味津々happy01

186
ダリアの観賞というよりは・・・優しい秋の日差しに澄み切った空気
ここはお昼寝ポイントに最高だよねぇsleepy

201
ダリア園では少々欲求不満だった僕を察知してか
はは様のお計らいで、近くの大学キャンパスちいちゃな森へ移動rvcar~~

204
秋色づき始めた森でゆる~くお散歩note
秋色系の僕、同化しまいとシロボケしちゃいましたhappy02

ヘム地方の秋はあっという間に終わってしまう
そして、お空の色も気まぐれ。。。
この日も午後からはグレーに変わってしまったよcloud
さぁ、今年もみじかい秋を満喫しなくてわぁmaple

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

おとなり県、青森の旅 vol.3

旅の二日目は、生みたての玉子でご飯しっかりと食べ
一路、八戸へrvcar  新郷村から八戸市までは40キロ弱

行きたいと思っていた 「八食センター」 この日は水曜日で
あいにくの定休日。。。。八戸、水産業が盛んなせいか「水」の付く日は
お休みのところが多いようですsweat01sweat01

Photo
八戸観光まずは
蕪島の頂に鎮座する蕪島神社 
一昨年11月の火災で、社殿が焼失ただいま再建工事中です
仮の拝殿、社務所で はは様はご朱印をいただく

蕪島と言えば、ウミネコ
ウミネコ保護のために僕は立ち入り禁止区域ありcoldsweats01

258
蕪島から向かった種差海岸
天然の広~~い芝原が、海の水際まで広がるsign03

Photo_2
気持ちえぇ~~ねぇ
もう少しお若かったら・・・走りまわるところだけどcoldsweats01
座ってばかりいるってsign02 いやいや~ここは、熟シニアらしく堪能note

大昔に来た時よりも、海岸付近はおしゃれに整備されている
と、はは様が・・・・これも3.11後の復興成果かなconfident

そして、海岸線県道1号線沿いがモデル
あの東山魁夷の代表作 「道」

293

作品を描いたとされる場所に碑が
道路の奥に見える白いもの・・・鮫角灯台は省略された一本の道
しばし、作品の世界に浸りましたshine

Photo_3
八戸市街に戻り
「櫛引八幡宮」へ はは様、ご朱印いただきに。。。
僕は疲れたので、車で休憩中ですbleah

これで八戸観光はおしまい
この日のお宿 八幡平安比高原へrvcar 

Photo_4
ここは、岩手県になりますよ~

僕は2回目の ペンションむっていさん
八戸では青空広がっていたのにどんどん灰色に・・・
翌日は雨予報だったので、到着してすぐに写真バチバチhappy01

Photo_5
むっていさんのお食事は満足度はなまる印なんだぁsign03 
撮り忘れたものもありますが・・・夕食と朝食です
親分、自分で釣っても食べない「イワナ」ムニエルと黒毛和牛のステーキ 
初めて食べるこのボリューミーなお食事に大満足good

Photo_6
僕はと言えば・・・
親分たちが美味そうに食べまくる間、テーブル横でずっと見守り中 
何時もと変わりなく、食後にきゅうりを1本いただきましたdespair

予報通り、夜半から降り出した雨

オーナーさんのお友達のラブちゃんが19歳まで元気だったから
僕も健康元気でまた来てねぇ~~と
地元で生産されている花 「りんどう」を沢山お土産にいただき
むっていさんをあとにしましたhappy01

当初の予定通りに盛岡へrvcar
小岩井農場へと思っていたものの、雨がひどくなり。。。
はは様がひそかに期待計画していた美術館へ

Photo_9
僕は車で約2時間ほどお留守番。。。
はは様は、「雨」さまさま~~~“花森ワールド”大満足でスマイルlovely

美術館からは、一路秋田へ
お近場2泊3日の旅、ヘムrvcar走行距離は555キロ
一人で運転した親分、お疲れさまheart
人間ナビも忘れて助手席でsleepyのはは様、日頃のお疲れはとれましたかぁsign02
帰宅してからの僕は旅の疲れもなく、このところの気温低下で
朝晩のお散歩も快調~~~時間延長もたびたびですnotes
今週末はまた、楽しいことが待っているようですよぉheart04

☆この記事で旅報告もおしまいです だらだら記事にお付き合い
最後まで読んでいただきありがとうございました


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

おとなり県、青森の旅 vol.2

十和田湖休屋から子ノ口・奥入瀬方面へヘムrvcarは移動~
待ってました~~~渓流散策開始notes 

185_2

215
マイナスイオンたっぷりの道を歩く shine

206_2
親分の渓流釣り同伴Dogとしては
今このタイミングで、渓流へ下りていく・・・・常にキョロキョロ観察中eye

Photo
勇壮に流れおちる銚子大滝
通り過ぎて、ヒョイと後ろを振り返ったら・・・虹現象shine

奥入瀬の渓流散策は、僕の体調重視で40分ほどで終了
ヘムrvcarは今晩のお宿を一路目指しました~

そうそう・・・十和田湖での昼食

Photo_2
十和田湖と言えば・・・「ひめます」

はは様は ひめます焼き定食  親分は勿論、B級グルメ 十和田バラ焼き定食
「ひめます」は、僕も御相伴にあずかりしましたgood

そして、道の駅しんごうで 40%offで購入した
「飲むヨーグルト」 これはモウ美味すぎ~~~~~絶品でしたshine

実は青森県、大型犬同伴で宿泊できる場所探しは難航。。。
やっと見つけたお宿は、新郷村という場所

新郷村 「キリストの墓」があったり「ピラミット」があったり
摩訶不思議な村です。。。
そして、飲むヨーグルトが絶品な理由は、なんとも青森県酪農の発祥の地

この日お世話になりました仙界ペンション「野ばら」さんは
山中の一軒家・・・ 夜、僕の用足しに外へ出た親分は
あまりの星空の素晴らしさに感激~~~~night 
当然のことですがsign02 iPhone使用できずsweat01sweat01

Photo_3
オーナー御主人さまの手料理 
親分は、ちょっと固めのお豆腐を麺のように切った 「はっぱい汁」
あまりの美味しさにおかわり~~~翌日の朝食でもまた食べる・・・

そして、生みたての玉子 「あすなろ卵」 うす緑色のから
黄身は・・・本物「黄色」 玉子かけご飯、ウマウマheart04 

Photo_5
玉子を生んでくれる ニワトリさん方とご対面
御主人さまは、鶏の世話にも忙しく・・・料理の研究も怠らない
奥さんからは、お土産にたくさんの青森のリンゴを頂きましたよ

「野ばら」さん
楽しいおしゃべりに、美味しい料理と玉子 ごちそうさまでしたhappy01

やっと見つけた初日のお宿、早朝の地震にはビックリしましたが
胃袋まんぱん、仙界の一夜はことのほか静か~~~に過ぎていきましたconfident

2回目記事も最後まで読んでいただきありがとうございます
二日目の様子は次回記事にてgood

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

おとなり県、青森の旅 vol.1

親分のリフレッシュ休暇取得で、急遽決まったお泊り旅行
東北地方脱出旅行にするには、計画準備がままならず・・・
通過はしながらもじっくり観光はなく
いつでも行けそうながら行けずいた青森県に決定happy01

Photo
早朝出発で北上rvcar~~~朝散歩はご贔屓、北欧の杜公園
出発時の霧空は一変に晴々青空へ 旅のはじまりは幸先良しgood

Photo_4
途中、案内看板に導かれるようにこちらへ寄り道
「老犬神社」  忠犬ハチ公の故郷 大館市にあります
この神社は、マタギ定六と忠犬シロの哀話を伝えるところ

神社へ向かう山道は大きな杉の木の根っこが張り出す登り坂
老犬域の僕、山Dogの名に恥じぬように健脚披露で踏破punch 

135
本日の目的地、十和田湖到着で~す
まずは秋田県側、発荷峠
この位置・・・僕目線で下の湖は残念ながら見えてませんcoldsweats01

はは様曰く
ここから見る冬の十和田湖は幻想的な別世界、鳥肌が立つらしいですconfident 

Photo_6
ヘムrvcarで休屋エリアへ移動~~ 御前ヶ浜散歩コース、ぶらぶらとお散歩開始note

Photo_9
清々しくて厳かな雰囲気に包まれる、パワースポット十和田神社
親分は、参拝  はは様は、御朱印いただきましたshine

Photo_10
神社参拝を済ませて、十和田湖のシンボル「乙女の像」へ

これで何度目ですかsign02 なのに・・・まじまじと眺める親分
方や、初めてながら全く関心のない僕happy02 

Photo_11
御前ヶ浜、思わず十和田湖へ入水中 
そして、湖を眺めながら解放感いっぱいで、あやや~~~う○Pがsweat01
おはずかしやぁ~~~~~~sweat01sweat01

172_2
事前チェックで遊覧船、犬も乗船できるとのことだったけれど・・大型犬はng
十和田湖の四季、イチオシの紅葉にはまだ早すぎたこの時期
でもでも、僕的ゆる~い楽しみ方で、初めての十和田湖に満足happy01

さてさて、十和田湖と言えばWセットの奥入瀬渓流
こちらの散策は次回記事にいたしましょう

旅記事はやはり、ダラ長文。。。。最後まで読んでいただき感謝ですheart

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

熟シニア的、川遊び~

お暑い日続きのヘム地方 

  皆さまがたはいかがお過ごしでしょうか 暑中お見舞い申し上げます
      

      あちこちでゲリラ豪雨に襲われる・・・いや~な空模様
      8月、夏本番を安泰に問題なく過ごすことができますように

                                    2017.8

042
冷たい川で超クールダウンしようと向かった先
ことごとくアユ釣りの先客さんでng 
ヘムrvcar走らせ、キョロキョロしながら物色中にやっと見つけた橋の下

025
あれまぁ~~~親分、水深なさすぎでしょうdespair

008
得意な泳ぎ、ひとかきもしたら。。。あらあら、足がついてしまいますsweat01sweat01
親分曰く、怠けもの&お年寄りの僕には丁度良い感じだってbearing
まぁ、ねぇ~~~  それにしたって、浅すぎますsad

こんな感じでアッという間に1セット終了good  飽きずに10セット程した後は
疲れない距離で冷却効果もあり、体力の消耗も少ないのはベストだったかもgood

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

お付きでぶ~らぶら

前回記事でもふれたようにやや低温続き
何時もよりもビールを美味しく飲めないでいた親分とはは様でしたが
先週末 「東北地ビールフェスティバルin Akita」 開催heart

僕は気温上昇下、身体の負担を考慮してお留守番予定でしたが
予想よりも気温が上がらなず
更に僕の連れてってビームに親分が屈して
めでたくご同行決定scissors

Photo
昨年までは朝散歩の定番公園、ヘム家から往復45分ほど
チョッと???ジジイになった今は、毎朝45分歩くのはシンドイから
お久しぶりなんですよぉ~~~

Photo_2
公園の先には、既に見えてますeye フェス会場note
到着するや否や、飲み始めるお二人beerbeer

015
広場横にある秋田美人と一緒にcamera
実物は見たことがない秋田蕗。。。
おそらく、僕の体高の3倍くらいはあるよねぇ~~~coldsweats02

Photo
人ごみに居ると・・・こうなっちゃいますsweat01
老若男女sign02 千客万歳sign02 撫でていただける方をば拒まずgood

022
いまひとつ知名度が低い、キツネの「与次郎さん」とcamera

いい具合に酔っぱらった親分
いつもは足が速いんだけれど、帰路は僕の歩調にピッタリgood
ビールを美味しく飲むには、少s々足りなかった暑さだけれど
僕にとっては、優しい日差しと初夏の風は心地よく
街中散歩は、大人ハイ気分でぶらぶら歩きながら無事に完歩できましたhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

ドキドキしながらルンルン。。。

山菜採りピークのヘム地方
昨年はタケノコ採りに出かけて、クマに襲われての死亡事故が多発
僕のノーリード行動域も、否応なく注意エリアになってしまい
残念ながら、思うような散策が出来ませんでしたdespair
そして先日
昨年の辛い教訓があったはずなのに・・・ 今年も死亡事故が起きてしまいました

Photo
ここはクマ出没看板が、ず~~っと前からあるけれど
幸いにも僕はお目にかかった事がない

この日は雪どけ後、はじめての散策note  散策前に、お山の下の花苗屋さんより
今年のクマ情報をしっかりとチェック GOサインrun

004_2
何事もなく、ゆるい山道をのぼりはじめるgood

006
一応、ニオイ嗅ぎに集中の僕

はは様はと言えば・・・やはり、山菜採りもの帳スタート
育ちすぎのワラビにガッカリするも、まだまだ食べごろを見~~つけflair 

Photo_2
クマよけの鈴は効果がないかもと・・・今回はラジオを携帯
ラジオから流れる曲で、何時もよりも楽しく散策終了
わらびの他にも野花も摘んで、無事に帰還しました

今年は昨年以上にクマの頭数が多いとのこと、今後のお出かけは
十分に注意し、よ~~く考えてからお山には行く事にしますconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

花めぐり♪ 見おさめ桜

夜桜見物の翌日、突然の招集にもかかわらず賛同していただき
月一会メンツでの桜記念撮影を決行できましたhappy01
撮影場所は僕のお散歩ご贔屓スポットでもあり、市民の憩い公園 

006_5
千秋公園  この日は満開~~~cherryblossom
平日の午前とは言え、お花見客でいっぱいです

025
015
撮影した写真、ほとんどに
ひと、ひと、ひと。。。。
豪華客船が寄港しているとかで、外国人も多数お花見中
日本で過去一番人気だったミニチュアダックス、現在一番人気のトイプードル 
そしてアメリカで一番人気のラブラドール  凸トリオ行列は目立ったよhappy02
ギャラなしでの撮影も否応なくOK中coldsweats01

044
凸トリオの桜記念撮影は困難を極めたけれど
はは様方が満足であればよし shine

春を満喫notes ここも外されない場所です

095_3

大潟村菜の花ロード その距離11キロ
ピンク桜と菜の花黄色のコラボnotes 桜は残念ながら散り始め・・・

050
むしゃむしゃと、菜っぱでビタミン補給中good 

 078_3

桜はすでに葉桜だけれど、菜の花はGW後半の今も頑張っているはずnote 

Fuzi1_3
帰路は「大潟富士」の登頂にも成功scissors 

048_3
心地よい風を感じながらの春、「花めぐり」
最後はまとめ記事で長々になってしまいました つづき初夏へとshine

来年もここで桜を笑顔で見られますように。。。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

花めぐり♪ 夜桜

すっかりと葉桜になってしまった桜ですが
まだ満開だった一週間前、二年ぶりに夜桜見物に行ってきましたnightcherryblossom

009
平日月曜日だというのに・・・結構な人出です

016
雪国ヘム地方、待ちに待った桜の開花にみんなが気分upup

かたや僕は、行動規制にいささか・・・不満ねぇdowndown

037_2
夜桜見物と言ったら、お酒flair
親分のザックは、ご持参ビール入りですbeer

美味しくビールを飲めるような桜の木の下を物色歩きcherryblossom

034
夜ともなると気温は10度ほど
そこで冷たいビールとはcoldsweats01 ヒートテック着用ながら、さむ~~~~ってsign02
1本飲んで、呆気ないほどに撤収決めhappy02

056
意気揚々と出かけてきた夜桜見物だけど
情感あふれる写真もほとんど撮れずdespair 
帰宅してから、飲み直していた親分とはは様
もしや・・・はは様は翌日、同じ公園でのわんず撮影会に
即座、期待設定し直したのかも知れませんねぇ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

花めぐり♪ ミズバショウとかたくり

春気分満喫の花めぐり、この日はヘムrvcarでチョッピリ遠出note

桜の名所、角館のご近所田沢湖刺巻湿原です

005
久しぶりの狭い木道。。。。さっさと進めばいいところ、こんな具合に脱線する僕
これが後でとんでもない失態をまねく誘因になろうとは・・・
この時には、だ~れも予測すらしてませんcoldsweats02

018
ミズバショウ、はは様は大好きな花の群生に圧巻shine

曇り空ながら一瞬、太陽が差し込んだタイミングでcamera

036
月一会、りんちゃんママさんのアドバイスで
ミズバショウからかたくり群生地に移動rvcar~~~

紫色のカーペット  カーペットの中に伸びる栗の木
秋には大きくて美味しい栗がたくさんgood

046

さてさて、ミズバショウを見ながらの大失態。。。。
↑写真とこの写真をじっくり見て、ご推察いただけたでしょうかsign02

実は、よそ見しながら木道からズルンドボン・・・
後ろ足と自慢の尾ッポ、泥まみれになってしまいましたsad
おん齢とはいえども・・・一応、野生たるもの、誠に面目ないsweat02

073
かたくりと一緒に咲くキクザキイチゲ、春の日差しを待って半開き

そうそう、ムラサキ色の中で咲く白い色
田沢湖辰子姫が最後に流した涙の一滴が、シロバナになったとの伝説
シロバナを見つけて、合掌したら恋愛成就とか・・・
ヘム家は恋愛とは無縁だから、シロバナ探す気は全くありませんでしたhappy02 

Photo_4
この日は、かけ足での花めぐりrvcar 

     ミズバショウの花言葉 「美しい思い出」
     かたくりの花言葉 「初恋」   

まだまだ花の追っかけは続きそうだねぇhappy01



| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧