ははのおしゃべり

2013年3月10日 (日)

突然の悲しいこと・・・そして

明日、あの震災から丸2年・・・先日、驚きと同時に悲しい記事を目にしました
昨年の11月下旬、風が冷たいながらも真っ青な空の下、釜石のシェルターで会った被災犬ルイくんがお☆さまになりました。
昨年末にシェルターまるごと、LIA本部のある長野に引越し、ブログでその後の犬猫の様子を見守っていたのに・・・ルイくんの急逝は、私よりも世話をされているLIAメンバーさんやボランティアさんにとっては更に驚きであったはず。胃捻転だったようです・・・大型犬、更には痩せていたルイくん、発症の確率も高いです。

009
里親さん先でもなかなか馴染めずに出戻りを繰り返し・・・それも最初の飼い主によって受けた人間不信が原因なのですが・・・
ようやく落ちつけたシェルター生活
リーダーのYさんの愛情によって、心をようやく開けるまでになり、これからルイくんの新たな犬生が始められるかも・・・という時に
シェルターの中、元気なルイくんに少々破壊されたルイくん専用のケージ写真
ず~っとこのままにしておきたい気持ちになるのは、私だけではないはず。。。

さて、
TVでは被災地復興等々、特集番組がこのところ多く放映中です
人間の生活そのものがもとに戻らなければ、当然・・・震災被害弱者である動物の安住は益々とおのく事

UKC JAPANをご存じですか?
震災直後からこちらのブログも毎日チェックさせていただいてます
ここのシェルターにも300頭ほどの犬猫が、家族と再び生活できる日、新しい家族に出会える事を待ちながら、元気に生活しております。その中にはルイくんのように、夢半ばで虹の橋を渡ってしまった仔たちも・・・

明日3月11日  テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」で 17時前後
                   

                            『被災地の動物の今』 コーナーで

 
UKC JAPANさんの寒川のシェルターが紹介されるようです

008

『3.11』

あの日の事、決して風化することなんてありえません
被災地の方々を思えば、共に怒りをぶつけたい気持ちにもなります・・・
そして大したことも出来ない自分へのふがいなさは常に心の片隅に
でも、
一個人として成せる事は些細なことなのだ
無理なく出来る事を続けていくことが、私の役回りなのだと心決める日でもあります。

| | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

満足度100%超えの日

virgoははの部屋virgo

二月三連休初日の9日、この時季に県内あちこちで開催される酒蔵開放へ今年も出かけて参りました。 人気の酒蔵で、昨年は抽選で外れて行けず仕舞い、今年はダメもとで一応の申込み・・・結果が当選sign01 で、困ったのがヘムの事。。。

当然、オットも私は呑む事は双方譲らず・・・自家用車で行けない事から電車とバスの乗り継ぎ、更に地方故に電車も頻繁にあるわけでもなし、ましてバスなんてcoldsweats02 乗り継ぎのための待ち時間が多く、往復時間にメインの酒蔵時間を含めると・・・ヘムのお留守番時間が長すぎwobbly 用足しトイレだけでもと思い、月一会メンバーの宗達くんママさんにお願いしたら、快く引き受けてくださいました。感謝ですheart01これで、心おきなく呑んでこれま~~すgood

003
ヘム家出発から3時間ほどでようやく到着しました 杉だまになかなかいい佇まいshine

Photo
酒蔵によっては有料開放の蔵もありますが、ここ『秀よし』 鈴木酒造店さんはただ・・・無料ですwink そこがまた、抽選になる程の人気の理由なんでしょうけれどねwink 早速、引換券を手に中へ

Photo_2
到着後は順次酒蔵の中へ入り、お酒の出来る工程等の説明を受けます
この工程は既にほかの蔵で何度も聞いているオットと私・・・いや、ほとんどのお客様はそうなので、真面目に聞いておられる方は極少人数のようなcoldsweats01 

066
その後、お待ちかねの酒蔵開放イベントがスタート 乾杯のお酒はwine
スパークリング日本酒 『ラ・シャンテ』  発売当初、爆発的に売れて在庫待ちになった程
私的には少々甘過ぎた記憶がありましたが・・・これが、タダで呑めるとなると美味しいsign03 グラスでお変わり3杯lovely

Photo_5
酒蔵開放記念販売酒の本醸造生原酒“八乙女” の説明をされる社長さん
“八乙女”を交わしながら呑みすけさんの輪はアッという間に出来あがりhappy02 鮭の粕汁と お煮しめがまた美味しいshine すすむはすすむわぁ~~~bottle 

Photo_6
角館飾山ばやしの手踊りや蔵人さん方による酒屋唄は、会場を更に盛り上げて呑みすけさん方も上機嫌・・・勿論、私もねupup

Photo_7
しかし、こちらも萌え~~生花の啓翁桜、当地のゆるキャラ「スギッチ」さんもぬいぐるみより風情ありgood 籐細工の籠、曲線仕上げに感激shine

 Photo_8
餅つきに酒粕詰め放題もありで、最後のジャンケン大会が大盛り上がりnotes 酔っているから羞恥心なんてこれっポッチもございません お隣で呑んでたおじいさんがしっかりと賞品GETscissors 自分の事のように万歳しちゃったりしてhappy02

オットと私・・・残念ながらジャンケン「も」弱いのですわよぉ~~sweat01
そうそう、お客様全員しっかりと首から吊り下げの名札姿です。 こちらご夫婦でいらして奥さまは犠牲???の運転手さん名札・・・って、エライよぉ~~妻のかがみhappy02
たとえ来年当選でも、この運転手名札を私がさげる事は、絶対にあり得ませんぞよぉconfident 

Photo_9
この日販売されたのは “八乙女” のみですが、ブレンド前の2種一組セット 市場に出回るのはブレンドされたモノです。我が家はしっかりと購入して参りました。この日、オットはこのほかにも色々と試飲して、当人曰くは5~6合は呑んだとかdespair  

帰路の電車では蔵で一緒の方々と、お酒談議で大盛り上がりの私 ここでも酔っ払いは、羞恥心知らずcoldsweats01 一方のオットは当然の成り行きながら呑み過ぎてsleepysleepy

さてさて、お留守番のヘムはありがたいことに暖かい宗達くん家で過ごさせて頂き、帰宅して間もなくママさんが連れて来て下さいました。持つべきもはワン友さんdog すっかりとお世話になってしまいましたwink 
私自身は平常心と思いつつも、宗達くんママさんにはハイテンションの酔っ払い夫婦が滑稽に見えたご様子で・・・お恥ずかしい限りcoldsweats01  

Photo_10
過日、“八乙女”と買ってきた100個限定発売の酒饅頭を蒸し直して食べましたdelicious 
珍しくヘムは食べられないモノと認識、垂れ落ちるヨダレもなしwobbly シニアになり頑固にはなったけれど、これまでの犬生で諦め悟りもしっかりと培ったかもsign02  

私ごとながら、長々文章のご報告となりました事をお許しくださいませ
是非、興味を持たれた方は、来年お申し込みください 詳細は地元新聞で掲載されます。
「満足」「至福」の時を感じる事、間違いありませんよsign03

 

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

極上おひとり時間♪

久々の virgo ははの部屋 virgo

デスクワークの長~い夏休みも本日でおしまいです。しかしながら休み中、ヘルパーの仕事は待ったなしでチョコチョコあり、先週金曜日だけが丸一日のお休み日だった私。

ヘムと一緒にどこかへ遠出しようかとも考えましたが、あまりの暑さsweat01 ヘムにはお留守番を願って、自転車こいで10分弱で到着したこの場所。002
ここは、以前にヘムとの早朝散歩でご紹介したヘム地方のニュースポットshine 

ヘム連れでは入れないこの中が、おひとり時間の目的地。033
エントランスホール、上を見上げたら正三角形のガラスクロスの天井 この美術館はあの安藤忠雄氏の設計。いたるところに「三角形」が・・・この理由は後ほど。。。1枚目の写真、美術館のシンボルマークも、青の三角形をモチーフに 秋田の「A」と アートの「A」

美術館ではあるけれど、まだまだ出来たばかり。美術品を最良の環境で展示・保存するためには空気環境を整える必要性から、今回は暫定オープンで本オープンは来年の秋頃とか・・・

と言うわけで今回の私の目的は、ミュージアムラウンジのカフェnote 

016
カフェのガラスごしに見える水庭・・・

Photo
相席になったおじいちゃんの左手上、緑の中に時計台のように見えるモノ・・・これが現在の県立美術館でした。これ、実は時計台ではなく屋根なのですが、安藤氏はこの三角屋根に呼応するべき、新美術館のいたる場所に「三角形」をはめ込んだようです。

Photo_2
カフェ席を挟んで、水庭の反対側には秋田の工芸品。漆器も今までのデザインイメージよりは斬新なものばかりです。秋田杉で出来たキックバイク~~38,000円のお値段がcoldsweats01

実はこのカフェ、コーヒー茶碗が川連漆器でシンボルマーク入りと事前リサーチ、味わう事を楽しみにしていたのに・・・暑い中での自転車こぎ、思わずオーダーする時にアイスコーヒーって言ってしまいましたsad 次回は絶対にホットでsign01 

お茶しながら水庭を眺めての極上時間は1時間ほど・・・相席のおじいちゃんが面白い方で
暑さもひいてしまうようなギャグの連発でしたhappy02 

つかのまの極上時間後は、暑い中をお留守番で待つヘムを思い、寄り道せずに直帰bicycle 

帰宅歓迎してくれたヘムとももさだへrvcar~~~ももさだの様子は次回でnote 少々、動きがありましたよwink  ※コメント欄はclosing

| | トラックバック (1)

2012年7月29日 (日)

泉の夏まつり

泉の夏まつりは昨日が初日。。

紆余曲折ありましたが、我が「主婦会」昨年に引き続き、まつりの出店参加となりました。

昨年のスキルを大いに発揮出来ると言うことで今年もうどん屋さんで~~すnoodle

Photo

メニューは冷たい「夏きつね」そして、あれこれ13年ほど前・・・我が主婦会の出店デビューともなった「カレーうどん」を今年は復活sign03 アッ、何とその「カレーうどん」を撮り忘れていたsweat01
そして、初お目見えのシフォンケーキですよぉnote 

初日は見事、400食準備で、完売御礼good 本日の最終日は初日よりも絶対に売れる経験則happy02 500食に挑戦ですpunch 

祭りは秋田が誇る竿燈の妙技や、打ち上げ花火等盛りだくさんのプログラムながら・・・その時間がうどん屋も華僑~~~とても写真を撮る余裕がありませんcoldsweats01 
今晩、早々に完売したあかつきには次回、盛り上がる祭りの様子もお伝え出来たらと思いま~~す。

それでは、昼食をしっかりと食べてwink いざぁ、出陣sign03 

| | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

趣と向き合う時間

七夕の今日、午前中にいい汗を流したお仲間と一緒に、ランチはとびっきりの場所をセレクト。Ec1


Ec2


Ec3


胃袋を満足させることよりも、目に飛び込み伝わる感喜、そして優しく心にしみ込んでいく全てのものがあるその場所に陶酔する自分。。。

騒がしい日常生活からポッとぬけ出し過ごした2時間。こんな時間をこの先もちょくちょく織り交ぜていけたら、いいのに・・・007

ふっと
あの方々はどうしてる? 晩ごはんをどうしよう・・・と、考える自分もすぐそこに。。。

Photo_2
『ENGLISH COTTAGE』 http://www016.upp.so-net.ne.jp/english-cottage/

 

| | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

おひとり、サタデーナイト♪

本日の私、午前0時に4時に出発のオットへ焼きおにぎりを7個作る。

2時に就寝。3時半、物音で目が覚めて一応、玄関先で「お気をつけて」のお見送り。

再びお布団の中へ。7時半に起床しながらも頭の中はボォ~~~ヘムの朝食(と言っても、鍋にできているモノを温め直すだけ)は早朝散歩担当のオットの役目ゆえ、しっかりと忘れておりました。特に騒いで「ごはん。ごはん。。」と訴えるわけでもないヘム、エライわぁ~~他の家族も見習っていただきたいものconfident 

その後、ヘムと何時もよりは遅い早朝散歩へ。ヘムがリフレッシュした後は、私自身の毎週恒例、10時からの汗を流してリフレッシュ教室へ。ここから3時間ほどのヘムのお留守番開始。

この教室で、先月ご一緒にお江戸へ行ったお仲間のひとりが病気である事を知らされる。。。かなりショック。

ランチした後、数名のお仲間と共にお見舞いへ。ふっと、自分を重ね合わせてしまう。

帰宅後、ヘムとロング散歩。天候が今イチなので、近場を時間かけて内容に。

4時からはヘルパーのお仕事。90代のおばあちゃんの夕食作り。いろんなお話を聞きながら、こちらは仕事なのに、「ありがとう」の感謝の言葉かけをしていただくと、心がポカっと温まる。

ヘムの夕食は今晩は手抜きで、ドックフードcoldsweats01 開封したのが3月だからこの先の季節も考えて早めの消費sign01 ヘムは口から入るものだったら何でも大好き、ほんとにエライわぁ~~

で、私のおひとり夕食note 

002
昨日紹介した当選ビールbeer をグゥい~~とhappy01

006
昨年植えたセロリ。。。しっかりと冬越えして、とんでもないところからニョキニョキ。花まで咲いちゃったwink Photo
ビールのお友は、セロリ他残り野菜のかき揚げと 箱根へ旅行の社長さんからのお土産、ヨード卵光の温泉玉子good 一人でかき揚げは全部完食、温泉玉子はさすがヨード卵sign03 黄身は真っ黄々でなめらか~~白身はプルルンとゼリーのようdelicious 

この解放感で、身体中shine 手足も胃袋もの~~び伸びhappy02 

004

この方は、何やら訴えているらしいが・・・頭の回路もの~~び伸びで、残念ながら今晩は理解できませんhappy01 

ごめんね~~ヘム。あなたはエライわよぉconfident 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

大人の興奮

まだまだ、人前にはさらされない顔・・・大きなマスク着用で行ってきちゃいましたcoldsweats01 

チケット購入は、随分前。。。酷い顔面になって最初に気になったのが実は・・・このコンサートだったわけで。。。

001_2
雨降る中、会場までは徒歩で・・・開演15分前に到着。 長い列、大きなマスク姿の自分に、我ながら異様さを感じていたのに、列に並ぶ年代を見たら、思わずほぉ~~と安堵。見るからに40代50代、「何と思われてもいいわぁ」って開き直っている自分が・・・・これって、しっかりと自分をオバサンと認めた事ですよねcoldsweats01 

まぁ、そんな事はどうでもいいのです。

達郎さん、最高でした。 あの大海原に広がるようなお声、アカペラの素晴らしさ、そして毒舌100%のトーク 会社から直行かと思われる沢山の背広姿の元ヤングマン、前半は観賞ムード、後半は総立ちで汗流してました。

私も病み上がり故、当初は自分をセーブしよう決めておりましたが・・・とんでもありません~~いつしか顔を覆っていたマスクは、顎マスクになっておりました。一緒に居た友人の座席左側でのサポートも前半のみ、その後は暗い客席で気使いもゼロ。

今回のツアーはまだ、5本残っているようで、コンサート内容はブログ等での詳細公開はダメよ~~ときつく申し渡されました。
コンサートでの選曲が一番悩むところのようですが、私も含めて客席のほとんどが過去の曲、そうそう~~想い出すわけですよ、あの頃の自分を・・・・そして目頭もあつくなる。

アンコール、何回したんだろう?3時間半のステージでした。客席の照明が点灯してもまだ、ステージに残っていた達郎さん。。。彼の音楽のみならず、客席を魅了する迫力の人間性に感激。

オバサンの私でさえパワーを沢山貰い、明日から頑張ろうと思ったのだから、背広姿でいらした同年代の男性方にとっては、それ以上のモノがあったはずです。

どちらかと言えば、10代から肌色違う方々のコンサートが多かったけれど、今回のコンサートは今まで味わい、感じ得る事が出来なかったフツフツとした興奮が。。。これももしや年齢のせいかなぁ~~などと考えながら 『Ride on time 』を口ずさみながら雨の中家路をいそぎました。 

最後に皆さんへも興奮と感激のおすそわけnote

| | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

ご心配かけております

皆さま方からの沢山のお見舞いコメント、本当にありがとうございますcrying 

私、これまで『帯状疱疹』は何度となく耳にした病名。いざ自身が発病して3日、過去に聞いていた“耐えられないほどの痛み”が何時、自身にふりかかってくるのかと構えておりました。が、現時点で左顔面、そして左唇が水疱で酷くなる中、刺すようなヒリヒリ痛みというのとは無縁状態です。これも鎮痛剤効果でしょうけれど・・・confident 

と言うわけで痛みがない分、この陽気でバタバタ動きまわりたくなるわけですcoldsweats01 
しかし、予後の事・・・繰り返さぬようにするためにも自己管理あっての自身の健康、皆さま方のご忠告を厳粛に受け止めて、バタバタしたい気持ちをセーブして休養に努めたいと思います。

連日の好天、ヘムをももさだに連れて行ってあげたら、どんなにいい顔するかのなぁ~~とヘムには申し訳ない気持ちでいっぱいです。 通常は朝一散歩のみ担当のオットが、帰宅後も何とか頑張ってくれております・・・まだまだヘムにとっては満足には、チョイと足りないかも知れませんがね。。。もうしばらく平日散歩、ヘムに我慢してもらわなければいけませんdespair 

頂いたそれぞれのコメントにお返しするのが筋である事を承知で、今回はこのような記事にしてしまいました。ごめんない。

完治までには、まだまだ時間がかかりそうです。少々オーバーペースだった自分を反省、「のんびりnote」な自分を楽しみたいと思います。

皆さま方のお気遣い、厳しい中にもあたたかい言葉に感謝しております。

遅かった春の訪れで季節の変わり目の今、皆さま方にもおかれましても、体調管理にご留意くださいませ。

005_2
  ご近所公園、桜の蕾も随分とふっくらしてきましたよぉ (コメント欄はクローズさせてね)

                                           From ヘム Photo



| | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

自分って・・・

ひと月前にまたひとつ、年齢を重ねた私です。最近はもしやこれって、あの『更年期障害』っていうの???と思える身体の変化を感じる事がしばしば・・・

他人さまには、いつも明るくて、悩みなんかないでしょう~~とよく言われますが、結構心の中では、あれやこれやと叫んでおります。

「自分へのプレゼント」とか、「自分を褒めてあげたい」等々・・・全くもって縁がない言葉と確信しておりましたが、今回の誕生日、初めて「自分へのプレゼント」を購入する気持ちになったのです。

無事に『更年期障害』をクリアー出来るようにの自分への勇気付けであり、二本足のお子らとも親子関係ではなくして目指していた、人×人関係が構築できてきたかなぁ・・・まぁ、ようやく子育ては卒業と言うことでしょうか。そんな気持ちの中で・・・

誕生日の数ヶ月前にたまたま、ブロ友さんの うみですさんのオリジナル作品を一見てこれだぁ!と

その素敵なネックレスには うみですさんが付けた素敵なネーミングが

 “シェルの窓辺でガーデニング” 048 シェルを窓辺にたとえて、そこには花々のモチーフが♪

色あいも随分と落ち着いて、少々私のイメージとは違い過ぎ・・・なんてここで思っている方も多数いらっしゃるかしら~

手元に届いてから、なかなか装着のチャンスもなかったのですが、先日夜のお出かけでデビューです。047 ヘムの散歩でしっかりと日焼けた首筋&胸元は目を瞑って下さいね。ちょっとセンターがずれてしまいました。。お出かけ前、洗面所でのバタバタ撮影でしたから・・・

この方も・・・046 不可思議そうな面持ちで参上、撮影を注目しておりました。

超高齢化社会に生きたとしても、疾うに人生の折り返しは過ぎてます。

ここまで夫にしっかりと附随した生活、「妻」と「母」の立場をある意味、隠れ蓑にして参りました。
まだまだ、私の心の窓から見えているものは少なすぎです。その心の中で沸々と叫ぶ何かに答えるためにも、暗中模索ゆっくりでも踏み出さなければいけない、と考えていたこのひと月でした。「自分」自身の人生のためにもと・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

この目で見て感じた事・・・

東日本大震災から2ヶ月が過ぎました。先週末、おっとは職場のある大仙市(花火で有名な旧大曲市)が募った被災地への市民ボランティアに参加致しました。001 そろそろ震災の映像を以前のように見入る事もなくなってきたこの時期に、震災地に実際立ち自分の目で見て、一体どんな思いで帰宅するのか・・私的にはとても気になるところでした。

大仙市は秋田県内では、いち早く岩手県の遠野市に活動拠点を設置、そこからバスでの津波被害の甚大な宮古、大槌への移動、主なボランティアの作業内容は家屋の汚泥除去だったようです。

1日目の作業終了後に届いた短いメール、

“ 移動中に目に飛び込んできた光景、あまりにも広範囲、見事にスッパリ壊滅に

「無感動」となる ” 

「無感動」とは、おっとらしい表現だと苦笑してしまった私です。

一方で作業で訪れた一人暮らしのおばあちゃん、世間話もしながらもすでに今後の生活に前向きな姿勢、悲しむ時はもうすでに終わったのか、淡々としている様子だった事を帰宅後に聞きました。

日本はひとつ・・・などと言ってみても、現実は被災した方々の気持ちを分かちあう事などは所詮は無理があるかもと思います。でも立場、状況は違えども「出来る事をしたい」「すべき事をしたい」気持ちは同じだと思うのです。

東北はまだまだ、隣近所の付き合いが濃厚で、今回の大きな災害でその絆は更に深まり、離れ離れになる事を拒絶する声に、同じ経験をした仲間がいるから辛さも何とか出来るという事を感じ取れました。そこで私たちが出来る事・・・時間の経過とともにより十分に考え慎重に行動しなければ却って傷つけてしまう可能性があるかも?と。。。ボランティアそのものの様相も今後は心情も踏まえた上で、変化していかなければいけのではないかと思います。

さておっとですが、あくまでもボランティアとして作業に行くのだからとカメラは持参せずに出かけましたが、もしかしたら携帯のカメラ機能で・・・と思いきや、やはり1枚さえも撮らずに・・・いやとても被災者の方々の心うちを考えたら、撮れる心境にはならずとのことでした。

子供の遠足報告ではないので、あれこれ現状や感想はおっとの方から言い出す以外は聞いてはおりませんが、帰宅して翌朝にヘム連れで散歩へ出かけた時に改めて『平穏生活』のありがたさをかみ締めたようです。148 津波被害地はすでに復興に向けて動き始めているし、立ち止まる事なく進行していくでしょうけれど、今だ解決の方向さえ見えない原発問題は本当に気の重い事です。
さらに避難区域に残されたペットの事を考えたら、胸は締め付けられます。119 広い公園で思いっきり日差しを浴びて走り、春のにおいを堪能中のヘムの姿。
被災地でまだまだ彷徨っているペットや、避難区域でお腹をペコペコにしているペット達が・・・そのこ達がヘムと同様な『平穏生活』に少しでも早く戻れるようにと祈る気持ちでいっぱいです。

職場状況、時間が許せば再度ボランティアに参加したいと言うおっと、2泊3日の短い時間ながら、見て思い感じた事が「再参加」希望に込められていると私は感じとれました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)