« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年7月18日 (水)

ヘムをみおくり・・・

我が家からヘムの爪がフローリングにあたり、カツカツと歩く音が消え
2週間が過ぎました

たくさんの方々からいただいたお花
その花に囲まれたヘムのお骨、このままの状態で・・・と願いながらも
1本、2本と枯れ、ぬきとる瞬間
ヘムと過ごした時間がどんどん遠くなるようで
それを止めるため、必死で水やり手入れをする日々でした

ヘムの闘病中、数回の記事更新
診たて病名 「血管肉腫」
最期は安楽死さえもある、その病気の恐ろしさを
すでに知っていた私は、お医者さまから告げられた時
自分でも驚く位に落ち着いていたように思えます

14歳半という年齢
この時点で出来ることは対処療法のみ
いのちの期限は1ヶ月~2ヶ月、週単位もあり得る・・・

これまで充実した犬生だったはず
まさか、ここで最期
ヘムに辛く苦しい時間だけは過ごさせてはいけない
その為にはどうしたら良いのか
頭の中でぐるぐると思いめぐらす自分

貧血の検査数値は予想していた以上に速いスピードで悪化
基本、生活は「安静に」とのアドバイス
そんな中で
貧血で立ち上がりフラッとしながらも
メンデルをお散歩に連れ出そうとすると、われ先よと
玄関ドア前に陣取るヘムの姿に
体調変化と気力が真っ向から対決している・・・
ここは気力優先にしよう 犬としての『活き』を尊重しよう
ヘムが納得、満足できる生活をさせてあげようと心に決めました

Photo_6

見送る1週間前、珍しくメンデルと一緒にお散歩
木のまわりをグルグルとニオイを嗅ぎまくるヘムデル

Photo_3
それまで、ヘムとは一定の距離感をおいていたメンデル
ヘムが病気と知ってかどうか、この頃にはくっつく場面が多く
そんなヘムデルを見て、精神的にどれほどまでに救われた事か。。。

ヘムデルの生活は4ヶ月間で終わってしまったけれど
4本足を家族として迎えての共生
ヘムデル時間は短いながら濃厚な意義あるものとなりました

生まれて2ヶ月半で我が家に来て
14歳半と19日の犬生、「もう少しだけ一緒に居たかった・・・」
でも
納得できるようにお散歩もし、美味しく食べて、寝たきり生活は1日
ヘムが決めた幕引き
最期までお利口さんを貫きとおした姿はお見事
「親ばか」って、性に合わないけれど
ヘムはパーフェクトな仔、自慢できる仔

犬が苦手な私がヘムと出会い過ごした宝物時間
ずうっと胸にやきつけて、しばらくは涙笑顔かもしれないけれど
これからも癒してもらい、パワーをもらい生きなきゃだね
そして、いつかまた会えることを信じて・・・
それまではヘム
ヘムデル家のみんなと
可愛がって下さったたくさんの方々を見守っててあげてね

Photo_7

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

僕、虹の橋を駆け上がったよ♪

134

7月2日 午前5時50分  14歳6ヶ月と19日 
   

   親分はメンデルと朝のお散歩中 
   美味しいウマウマいっぱい作ってくれたはは様に抱かれて

   苦しむこともなく穏やかに犬生に幕引き

7月3日 午前7時 

    月一会のりんちゃんママさん、宗達くん、ママさんにお見送りいただき 
    一番思い出のある僕のホームグランウンドももさだ海岸へ
    2週間前にも連れてきてもらっていたなぁ~~
    あの時はしっかりと歩いてニオイも嗅いで。。。

      午前9時25分

    夏空が広がる中
    たくさんの先輩やお友達が迎えてくれるだろうワンコパラダイスへ
    僕は、はは様が持たせてくれたオヤツを抱えて一気に駆けていったよ

僕をいっぱい愛してくれて、誉めてくれて、撫で撫でしてくれて
美味しいウマウマをくれて、遊んで走ってくれたみなさん 
  嬉しかったよ     「 あ ・ り ・ が ・ と ・ う 」

   
 

このブログ記事 「ぼん・ぼん ヘム」 を訪問
はは様の長々記事を最後まで読んで下さったみなさん
  お付き合い下さり   「 あ ・ り ・ が ・ と ・ う 」

僕の濃厚だった犬生、最後の4ヶ月を共に過ごした子分メンデル
もう少しメンデルと一緒に生活し、犬行指南したかったけれど。。。
でもメンデル、実はとても賢い仔だから
僕とはまた違ったメンデルカラーで
みなさん方の人気ものになれること間違いなし!
この先は、子分メンデルの見守りを皆さま方に託して
僕はワンコパラダイスから 新生 「ヘムデル家」 を
応援しながら、高みの見物に徹しますぞぉ~

はは様、もう少し気持ちが落ち着いたら
僕の闘病備忘録記事をアップの予定とか・・・
おそらくダラダラ長々記事だよ~でも、付き合ってあげてください

では、みなさん どこかで僕を感じてくれることあったら
「ヘム」って呼んでみてね  「 さ ・ よ ・ う ・ な・ ら 」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »