« 弥生、月一会♪ | トップページ | 三年目へのねがい・・・ »

2013年3月10日 (日)

突然の悲しいこと・・・そして

明日、あの震災から丸2年・・・先日、驚きと同時に悲しい記事を目にしました
昨年の11月下旬、風が冷たいながらも真っ青な空の下、釜石のシェルターで会った被災犬ルイくんがお☆さまになりました。
昨年末にシェルターまるごと、LIA本部のある長野に引越し、ブログでその後の犬猫の様子を見守っていたのに・・・ルイくんの急逝は、私よりも世話をされているLIAメンバーさんやボランティアさんにとっては更に驚きであったはず。胃捻転だったようです・・・大型犬、更には痩せていたルイくん、発症の確率も高いです。

009
里親さん先でもなかなか馴染めずに出戻りを繰り返し・・・それも最初の飼い主によって受けた人間不信が原因なのですが・・・
ようやく落ちつけたシェルター生活
リーダーのYさんの愛情によって、心をようやく開けるまでになり、これからルイくんの新たな犬生が始められるかも・・・という時に
シェルターの中、元気なルイくんに少々破壊されたルイくん専用のケージ写真
ず~っとこのままにしておきたい気持ちになるのは、私だけではないはず。。。

さて、
TVでは被災地復興等々、特集番組がこのところ多く放映中です
人間の生活そのものがもとに戻らなければ、当然・・・震災被害弱者である動物の安住は益々とおのく事

UKC JAPANをご存じですか?
震災直後からこちらのブログも毎日チェックさせていただいてます
ここのシェルターにも300頭ほどの犬猫が、家族と再び生活できる日、新しい家族に出会える事を待ちながら、元気に生活しております。その中にはルイくんのように、夢半ばで虹の橋を渡ってしまった仔たちも・・・

明日3月11日  テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」で 17時前後
                   

                            『被災地の動物の今』 コーナーで

 
UKC JAPANさんの寒川のシェルターが紹介されるようです

008

『3.11』

あの日の事、決して風化することなんてありえません
被災地の方々を思えば、共に怒りをぶつけたい気持ちにもなります・・・
そして大したことも出来ない自分へのふがいなさは常に心の片隅に
でも、
一個人として成せる事は些細なことなのだ
無理なく出来る事を続けていくことが、私の役回りなのだと心決める日でもあります。

|

« 弥生、月一会♪ | トップページ | 三年目へのねがい・・・ »

ははのおしゃべり」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150934/50688109

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の悲しいこと・・・そして:

« 弥生、月一会♪ | トップページ | 三年目へのねがい・・・ »