« 心、それぞれ・・・ | トップページ | 心、それぞれ・・・つづきの後 »

2012年11月 6日 (火)

心、それぞれ・・・のつづき

ヘム家から出発、ナビの案内のまま走行するも、とんでもない山道に入り3時間程で到着した釜石市栗林の仮設住宅

025
冷たい風が吹いてましたが、秋の日差しのもとで4匹の犬が係留されてました

車から下りた途端に吠えたれた僕・・・

ここはLIA岩手のシェルターです 現在、犬が4匹と猫が2匹生活をしております 犬4匹のうち被災犬は手前の3匹です(被災犬と一言でいっても 放浪していて犬と保健所等への持ちこまれた犬の2種類に分けられるそうです)Photo
ボス的存在のごんたくん 大人しいようで噛傷犬のリアちゃん 波乱な犬生を送ってきたルイくん そして被災犬ではなく保護犬の新参犬イブくん  ごんたくん以外の3匹は噛傷犬。。。

その中でも、あちこちたらい回しのような時間を送ってきたルイくん 人間不信はMAXのようで、LIA代表のY氏にもやっとの事で心を開いたようです011
完璧に主従関係が出来ているようですが、いまだに牙をむき出しにすることもあるとか・・・

ルイくんの心の傷を治すべく当初は、フラワーエッセンスを使用 フラワーエッセンス効果の凄さを今更ながら感じました

 Photo
一応、噛まれる危険性がゼロではない事から、僕もしっかりと係留中です

006
僕がY氏に撫で撫でしてもらうと、ごんたくんは面白くないのかワンワン吠えていた。。。

でもね、外での係留中は吠える事はあるけれど、家の中では全員が吠えないらしい

釜石の仮設住宅は、市長さんがペットを飼っていた事もあり、早々にペットOKになったとの事

Y氏は震災直後に被災地に入り、犬猫の救出にに奔走 LIAのシェルターだけでも30頭弱の犬がいたそうですが、多くの犬が幸せをつかみ、新しい飼い主さんに迎えられて去っていき、残った犬は噛むなど・・・何らかの心の傷を持っている それでも、ルイくんのように穏やかに変化していき、近いうちには里親さん募集があるかも ただルイくんに限っては、人間不信が解消した突端にまた新しい里親さんでは・・・の心配があるらしい

Y氏からはは様は、被災直後の動物の様子さらには、世界的な動物をめぐる事件問題まで話を聞きながらうなずくしかない様子でした。

virgoははの部屋virgo

犬猫の殺処分数は年間約30万匹 その数、目標ゼロ‼  その為にはまずは、飼育放棄のない世の中へ ペット後進国と言われる日本で、問題は山積 今回の震災で露見したようにも思えます まずは当然の事ながら飼い主の生涯飼育の再確認、それが完全になされたら動物との共生も随分と変わった様相になるに違いありません

釜石から目的地まで 途中の大船渡~陸前高田と・・・車窓から目に入ってくる大きなものが消えて無くなってしまった、がらんとした景色とシェルターのあの犬達の目が重なるように思えたのは何でだろう。。。心残りは、あの4匹の犬を全く撫でる事が出来なかった自分 あの場で「噛む」危険性ありと聞かされて、手を出せなかった自分へのふがいなさ 違った意味での心の中でのモヤモヤが出来てしまった。。。 

|

« 心、それぞれ・・・ | トップページ | 心、それぞれ・・・つづきの後 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

ヘム家の皆様ぁ~~
遠路、本当にお疲れ様でした

でもとてもいい経験をされましたね?
ハハもとっても胸に染みました

現場でお世話されている方たちも
どんなにお疲れでしょう・・・
頭が下がります
ご自愛くださるよう祈ることしかできません

早くこの子達、また保護されている子たちが
飼い主の元に帰れたり、新しいご家族に迎えられ
暖かい胸で眠れる日を願ってやみません

また私で出来る事があったら
何でも言ってくださいね

投稿: ダンクハハ | 2012年11月 6日 (火) 19時07分

御報告、有難うございますm(__)m
&遠路お疲れ様でした!
本当に、色々な問題が山積みの
今の日本社会ですね…。
人にも犬にも良い環境が訪れるよう、
無理のない範囲で一人一人が
出来ることから実行していって、
良い環境を模索したいものですね。

投稿: 万里ママ | 2012年11月 7日 (水) 18時37分

お疲れさまでした!
>手を出せなかった自分へのふがいなさ
それは仕方ないと思います^^
私だって「噛むかもしれません」と言われたら
手を出すことは出来ませんもの。
何度か通って、心通わすことが出来て、
初めて触れるんじゃないかしら?
心に傷を負った子なら、なおのこと・・・

この子たちは、どれだけ恐ろしく、
寂しい経験をしてきたのでしょうね。
そう思うと胸が締め付けられる思いです。
全ての生き物が幸せに・・・というのは無理かもしれませんが
でも、でも、生きる希望だけは皆に平等に与えられますように!

投稿: サプリメント管理士 | 2012年11月 7日 (水) 23時04分

dogダンクハハさま~
ありがとうございます
昨年の3.11以降、心の奥底に広がっていた
つかえ・・ほんのわずかですが
この目で見る事が出来た事で消えました
と言っても、実際見たことで
また、違った心配や思いがおこりましたがね~

まずは、被災犬の今後・・・
そして先には殺処分ゼロの日本、目指せるように
ですよねぇ~~

投稿: ヘムmama | 2012年11月 8日 (木) 21時32分

dog万里ママさ~ん
お気遣いのお言葉、ありがとうございます

空前のペットブームの中での
飼い主の意識改革・・・
動物との共生をより良いモノにするには
まずはそれが早急に求められる事かもです
「生命」の大切も同じ事・・・

個人で出来る事は、自己満足の域である事は
承知の上で、今後も何かしらの仕方で
見守りをしていきたいと思ってます

投稿: ヘムmama | 2012年11月 8日 (木) 21時42分

dogサプリメント管理士さま~
モヤモヤの私に温かい言葉を
ありがとうございます

あちこちたらい回しにされ、すっかりと
人間不信になったあの仔達の「目」は
怖いというよりは、何かを訴える「目」
そう、ヘムのアイビームにも似たものに
思えました まだまだ、あの仔達は
生きる気持ちは満々です
決して、悲観めいた「目」ではありません

ペットという言葉、あまり好きではないのですが
ヘム同様、ペットとして生きるあの仔達に
少しでも気持ち良く、温かい場所がこの先
見つけられたらる事を願います

投稿: ヘムmama | 2012年11月 8日 (木) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150934/47734272

この記事へのトラックバック一覧です: 心、それぞれ・・・のつづき:

« 心、それぞれ・・・ | トップページ | 心、それぞれ・・・つづきの後 »