« 登山Dog入門編 上の巻 | トップページ | 趣と向き合う時間 »

2012年7月 4日 (水)

登山Dog入門編 下の巻

さてさて、後編ですがその前に今回登った『真昼岳』、山名のご紹介でも~~

古くから信仰のあった山で、今回登った赤倉口には鳥居があり、山頂には大国主命を祀る三輪神社の奥社も鎮座しております。あの坂上田村麻呂が東征の折、昼ごろに山頂に着いたことが由来とか・・・

頂上目指して順調に進み、この調子を維持したら、坂上田村麻呂同様にお昼頃には山頂に・・・時計は10時半を少し回った頃です。。。

Photo
二回目の水分補給で休息中です。僕は親分のリュックから出てきた、魚肉ソーセージに目が点に~~~eye 「欲しいで~す」「下さ~い」「食べたいよぉ~」の気持ち、モデル犬並みに表情を変えてアピール中ですbleah 僕がソーセージをGETするのに必死な中、親分とはは様は深刻顔で討議開始sign01 

山頂まで、5キロの距離の内・・・もう残すところは1キロ弱。親分の過去の記憶では、この後のコースは容易とのこと。ただ、はは様の不安は下りでの僕。。。人間でも登山は、上りよりも下りが大変、階段で下りは特に慎重になる僕だから・・・この山道もしや、上りの倍の時間を要する・・・いや、コースをそのまま下ってくれないのではないかdespair 全くもって予測がつきません~~と言った感じsad 更に帰宅してからヘルパーの仕事のあるはは様、余裕をもって家路につきたい希望もありました。。。最終判断は親分が、結局・・・山頂目前にして「下山」のゴーサインconfident 

120
下山スタート。。。僕、確かにはは様の「よみ」どおりに慎重かもcoldsweats01 

146
帰宅してからの心地よいフットマッサージに思いを馳せながら、ゴツゴツの足元も懸命に下りますsweat01 149
写真右下にあるロープ分かりますか?親分やはは様は上りも下りもこれを使って岩場わたり・・・でも、僕は4本足で進み踏ん張りクリアgood 無事に岩場下に下りたけれど、まだ上に残るはは様は・・・Photo_2
何と僕、はは様に呼ばれたわけでもないのに再び岩場を上り、はは様の安否確認&応援へ駆けつけましたconfident 毎日僕のご飯を作ってくれるはは様、何かあったら大変ですcatface このコースでここが一番の難所と心得ての僕の忠犬行動ですsign03 

159
その後は順調note 僕の体高以上に伸びた草が両側から生い茂る道、その横・・・水が流れる音は、上りの時からしっかりとチェック済みconfident 終点が近いと思った途端に水場へ~~~クールダウンしなければの一心ですhappy01 

165
お腹も足も泥だらけcoldsweats01 下りの所要時間は上りの時と変わらず、はは様の心配は大外れhappy02 
こういうのを「うれしい誤算」って表現するのかなぁ~~~wink 

僕の初登山、山頂制覇は出来なかったけれど、親分からは「お見事、見直した、エライ、立派」の連発happy01 「これも、渓流釣りに同伴させていた成果だぁ!」と、最後はやはり・・・親分らしい自画自賛sweat01 

帰路の車で、僕の身体からワキ出るようなお土産のダニ・・・助手席のはは様が一生懸命に駆除。家に到着したら大好きな全身掃除機かけだぁnote そして肉球用オイルでフットマッサージもねshine 

さぁ、次回登山チャレンジは何処の山かなぁ~~~心の準備はOK、どこへでもお付き合いできますよconfident

※2回続きの僕の記事、ダラダラ文を読んでいただきありがとうございましたdog

|

« 登山Dog入門編 上の巻 | トップページ | 趣と向き合う時間 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

勇気ある撤退、エライ!
ヘムくんもママさんのケア、エライ!

さすがに岩場はしんどそうですね。
スリップの心配もありますしね。

そっか、ヘムくんダニのお土産もいっぱいだったんだね。
心地よいマッサージやってもらったかな。
人間は、、、、ビールで乾杯!?

投稿: billmon | 2012年7月 5日 (木) 13時12分

安全策の決断、正解だと思います^^
それに、後のお仕事の事もあるし、
趣味で楽しむ登山に、無理は禁物!
ご主人様の慎重な決断と、
ヘム君のヘムmamaさんへの心遣いが◎です♪

ハイキング(←あくまで山登りではない範囲)では
万里が同じ様に私を気遣います。
つくづく犬って身と心がしっかりしている
・・・と思う瞬間ですよね^^

投稿: 万里ママ | 2012年7月 6日 (金) 09時04分

fujibillmonさ~ん
勇気ある撤退sign02
うぅ~~ん、そういうことになるかなぁhappy02
ヘム、昨年一度怖いことを体験して
かなり慎重になりました。。。
もしや、下り
ヘムが二の足を踏むことになったら
オットが何としなければいけない!
かなり覚悟しておりました
実際、オットは登山で
ラブ連れで登り、肉球を傷つけ、歩かなくなった
わんこをおんぶして下山している登山者に
会ったことがあり・・・
あれこれ予測、考えていたことは確かですconfident
まぁ、今回の登山は心配したことは
何事もなく下山出来、本当に良かったですhappy01

投稿: ヘムmama | 2012年7月 7日 (土) 21時30分

fuji万里ママさ~ん
今回の登山はあくまでも
ヘムが可能な地点までを目標に
頂上を目指すものではありませんでしたからcoldsweats01
結論判断は当初から決まっていたようなもの・・・

それにしても、ヘムの見返り
私へのご様子見・・・
本当に嬉しい限りですlovely
どんどん、先を進む誰かさんとは
全く違いますわぁhappy02
万里ちゃんもそうなのねぇ~~
で、疾風くんが気になるところhappy01

投稿: ヘムmama | 2012年7月 7日 (土) 21時36分

こんな道は脚がある程度長くないと無理だね~と思いました。宗達はどんなに軽く跳ねまわっても、お腹をこすっちゃいます。ちょっとした山道の階段を上り下りした後の事ですが、お腹が赤くなってました。
ヘム家、みんなバテることなく登山出来ていいな~。日頃の心がけでしょうか。
お花畑のいい季節。わんこも登って楽しめるお花畑を探して行けるといいですね。

投稿: soutatsu | 2012年7月 8日 (日) 15時53分

fujisoutatsuママさ~ん
そうだねぇ~~犬種的にも宗ちゃんには
登山はかわいそうだわぁ
犬種もさることながら、その犬の特徴を把握
飼い主と楽しく時間を共有できたら
素晴らしいよね~~
我が家は、ヘムとの共有時間もさることながら
ヒトのお楽しみ時間も確保・・・
そこら辺の時間配分が難しいところかなぁcoldsweats01

投稿: ヘムmama | 2012年7月 8日 (日) 22時56分

前回の記事の時、ヘムくんなら全然問題ないのでは?と書きましたが、
下りの斜度、岩場の画像を見て、安易にもの言うべきではないなと反省していますwobbly
人間でも気を抜けないほどの山道ですね(@@;)
ヘムくん、がんばりましたねぇ~coldsweats01

投稿: サプリメント管理士 | 2012年7月 8日 (日) 23時56分

fujiサプリメント管理士さま~
そうなんです・・・いつものトレッキング気分とは
チト違いますcoldsweats01
大型犬との登山、雑誌や本で読む域に
達しようとは思いませんが・・・
なかなか大変なことだぁと
再確認した今回の登山でしたconfident
でも、一方では自信もつきましたがねhappy01
無理なくワクワク楽しめたらいいですねscissors

投稿: ヘムmama | 2012年7月 9日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150934/46195641

この記事へのトラックバック一覧です: 登山Dog入門編 下の巻:

« 登山Dog入門編 上の巻 | トップページ | 趣と向き合う時間 »