« 白河の関越え旅   弐の巻 | トップページ | 白河の関越え旅  最終巻 »

2011年10月22日 (土)

白河の関越え旅  参の巻

心残りで後にした『大内宿』・・・ヘムrvcarで2時間程の走行で到着したこの日のお宿、すでに辺りは真っ暗でしたnight 

この日のお宿は前日お泊りの ラ・ピステさん同様に雑誌『RETRIVER』にも掲載されていた

裏磐梯、桧原湖を見下ろせる 四季の森山荘さん  ラブラドールの看板犬のモモちゃんともーりーちゃんもいたよぉhappy01Photo 僕のハウス兼寝床は、ソファーの上にご持参のヘム布団を。 はは様は僕用のお皿が準備されていた事に、いたく感激lovely 初めての経験です。オーナーさんの心遣い、センスの良さって心に響きますね~~~heart 297 夕食までの時間、すでに真っ暗で散歩は出来ず・・・部屋で寛ぐ親分のfootと僕のfootです。

一日、大変良く歩いてくれまいたconfident Photo_2 食事スペース、おしゃれな囲炉裏と素敵なインテリア、はは様の興味を引く陶器と漆器類ですshinePhoto 夕食cameraはこの日も数枚のみ・・・オーナーさんにセレクトして頂いた赤ワインで、いい気持ちbleah 朱塗りの漆器類への盛り付けは何となく新鮮confident~~帰宅してから早速、ヘム家もマネしてますよぉwink 302 オーナーさんのご厚意で夕食に同行OKだった僕・・・↑の「馬刺し」アイビーム発射でしたが残念な結果でしたcrying 346結局到着した夜は、看板犬のモモちゃん&もーりーちゃんには会えなかった僕でしたが・・翌朝、素敵なお宿をバックに僕がストーカーする姿coldsweats01 344まずは、 桧原湖をバックに記念写真です。。。もーりーちゃん、モモちゃんそして僕です。

僕とモモちゃんの微妙な距離感がいいでしょうhappy02 さながらわんこ叶姉妹オーラに近付けない僕なのですcoldsweats01 351 376 でもね、記念写真撮影が終了しちゃったらこんな感じnote ラブ&ラブですよ~ お若い2歳のもーりーちゃんとは、スイッチONで超スピードで駆けまわりましたよrun 370モモちゃん、もーりーちゃんにさよならして、 最後にお宿前で「ハイ、ピースhappy01camera 381 これから何処へ行くんですか? 親分・・・

オーナーさんからご紹介頂いた、とっておきの散歩コースへ移動で~すrvcar708 397 中瀬沼散策コースですmaple遥か遠くに磐梯山も。。。648 散歩中、「えっ、何」って振り返る僕、赤トンボが僕の身体にcoldsweats02 Photo_2 来週あたりは紅葉、もっと最高なのかなぁ~~~と思いながらも「綺麗」を連発しながら、僕よりも木々を撮影しまくるはは様でしたcatface 

すすむ紅葉を十分に堪能し、裏磐梯からヘムrvcarは次の目的地、喜多方へ~~~

407 喜多方ときたら~~やはり、これでしょうsign03 ヘム家が宇都宮在住の頃、帰省途中で喜多方へはラーメン下車しておりましたsmile

このお店は、テラス席dogOKって事で、数多いラーメン屋さんの中から選ばせて頂きました。Photo_3 僕はテーブル下で、ラーメンの香ばしいにおいのみ・・・weep 

しっかりと腹ごしらえ出来た親分達、喜多方はラーメンだけではないのですよconfident 

Photo_4 レンガ蔵見学、蔵好きはは様としては外せないスポットですgood 447 でもね、はは様が蔵に熱くなる気持ち、まるっきり理解できない僕なのですthink 427 喜多方ラーメンでお腹も満足、レンガ蔵で気分も満足notes 

僕はと言えば・・・ようやく、胃袋満たしに到達です。
福島では「きんつば」と言われる「大判焼き」 パクリ前の「まて」ですbearing 

ヘムrvcar この後は福島を抜け出て、山形へと向かいますよぉ~~

本日もお付き合い頂きありがとうございます。
ダラダラ状態の旅報告、完結は次回です。最後の巻きこそは、簡潔記事を目指しますねcoldsweats01

|

« 白河の関越え旅   弐の巻 | トップページ | 白河の関越え旅  最終巻 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

白河の関を越えての旅 いいな~
事前の調査がすばらしい
はは様計画、親分スムーズな運転、、、、役割分担もしっかりなされてて、、この行程うちでも使いたくなってます。
大内宿、喜多方、行きたい!

投稿: soutatsu | 2011年10月23日 (日) 10時28分

この辺りも懐かしいです〜。
喜多方、若菜家の蔵、、、ってのに行ったような気がします。

紅葉の散歩コースも良いですね〜。
中瀬沼、檜原湖、小野川湖、五色沼、、、思い出しています。

大内宿のトタン屋根って、、、。
以前は、屋根の手入れもあまりされていなかったようで、
古い屋根の上にトタンをかけている家がちらほら有りました。。。
今は全部キレイな茅葺きになっているみたいですね。

投稿: billmon | 2011年10月23日 (日) 12時18分

わぉ~~~~っ!!
なんとステキな旅でしたなぁ~~
いさでどこでも一緒で、ヘム君は幸せだよ♪

我が家からは遠くて、とても行ける距離ではないけど、
ヘム君レポートでナンだか行った気分になれました(^^)v

お宿もステキだよねぇ~~
看板犬が美人姉妹のラブなんて、
イケメン兄弟と合コンさせていわぁ~

いろいろと辛い思いをされた福島ですが、
たくさんの観光客でかつての賑わいを
取り戻してほしいよね。

素晴らしいレポート、ありがとうねぇ~~

投稿: ダンクハハ | 2011年10月23日 (日) 13時03分

maplesoutatsuママさ~ん
いやいや・・・coldsweats01
ドライバーは頑張って頂けましたが
私の計画は綿密ではなかったから
オッとのイライラに点火annoy
困窮場面もしっかりとありましたよぉ~~coldsweats01
『四季の森山荘』は本当によかったよぉgood
連泊して、一日目はヘムコースで自然いっぱい
二日目は飼い主好みで歴史に触れるコースが
理想的かも~とオッととは結論でましたhappy01
この先、高速料金の高待遇もあるから
宗達くんとの晩秋の旅を是非、実現dog
行かれてみてくださいませねwink

投稿: ヘムmama | 2011年10月23日 (日) 21時18分

maplebillmoonさ~ん
おそらく、ご覧になったのは
喜多方のレンガ蔵UPの左下
「若喜商店」の蔵かと思いますよ~
時間があれば、ぶらぶら街散策で
数多い蔵めぐりをしたいところでしたが・・・despair
オッとの「また、来たらいい」の言葉に
騙され引っ張られるように帰路方向につきました。

大内宿は、今や大人気の観光スポットで
もしかしたら、billmonさんが行かれた時の方が
余り手も加えられず・・・昔の趣が残っていたかも
知れませんね~~~confident

投稿: ヘムmama | 2011年10月23日 (日) 21時28分

mapleダンクハハさま~
行った気分は、こちらも同じよhappy01
こちらもシーダンマー家の遠征記事は
ワクワクしながら拝見しておりますgood
西の方へは二本足だけだったら
チョイと決心したら可能かもですが
4本足同行ではね~~
でもね、都の娘とヘムのダンクちゃんマールちゃん
対面・・・密かに思いを馳せてますhappy02

美人姉妹のモモちゃん、もーりーちゃん
ラブ生活環境には最高の場所sign01
羨ましくなりましたわぁ~~happy01

投稿: ヘムmama | 2011年10月23日 (日) 21時37分

もうこんなに紅葉しているんですねぇ~♪
桜はこちらの方が早いけど、
秋の先取りはヘム地方からですね。
看板犬のいるお宿はうれしいですね!
だって、気兼ねなく、ワンコを連れていけれるもん。
しかも豪華なお料理で、こりゃ大満足間違いなしだわhappy02

投稿: サプリメント管理士 | 2011年10月23日 (日) 22時31分

まあ、四季の森山荘さんは、
美人のラブちゃん2頭が看板犬なのですか~!
一緒に撮影したりかけっこしたりして、
ヘム君もさぞかし満足したことでしょうね^^
そして、お料理の方もとっても美味しそうです♪

散策コースの方も、紅葉が見事で素敵です。
我が家が過年、9月に行った頃には、
まだ紅葉は全然していなかったので、
ブログの写真で堪能させていただきましたm(__)m

喜多方の蔵めぐり、やはり熱くなりましたか!^。^
歴史ある、見事な蔵ばかりですものねえ~。
が、我が家は蔵前で、ワンズの写真を上手く撮る
事だけに、アツくなっていた記憶があります^^;

投稿: 万里ママ | 2011年10月24日 (月) 18時13分

mapleサプリメント管理士さま~
裏磐梯『四季の森山荘』ヘム連れでお泊り回数
少ない中でも・・・評価高いお宿でした。
サプリさんの処からは随分と遠いですが
機会がありましたら、お薦めですよ~good

紅葉はこちら、平地の方も随分と
進んではきておりますが・・・
お山の方は見ごろでしたよshine
私的には新緑よりも紅葉が
どちらかと言えば好きだから~
心ときめかせながらの散策でしたわぁwink

投稿: ヘムmama | 2011年10月24日 (月) 21時32分

maple万里ママさ~ん
福島、万里ママさん宅が冬に行かれた
レジーナの森も宿泊候補にしておりましたが
『四季の森山荘』さん、ワン連れ100%の
お宿ではありませんが、居心地の良い
お宿で満足し、帰還しましたhappy01

磐梯、喜多方は行かれていたんですね~
喜多方の写真は・・・ごめんね~~
私の記憶にはありませんcoldsweats02
喜多方の蔵めぐりに関しては
申し訳ないけど、ヘムは車でのお留守番despair
自己中心的な観光になってまいましたhappy02
ヘムと蔵の写真はUPした1枚のみ・・・の結果coldsweats01
お留守番ご褒美の「きんつば」でしたの~~wink

投稿: ヘムmama | 2011年10月24日 (月) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150934/42641490

この記事へのトラックバック一覧です: 白河の関越え旅  参の巻:

« 白河の関越え旅   弐の巻 | トップページ | 白河の関越え旅  最終巻 »