« 〆さくら、そして感謝 | トップページ | 偲び方色々・・・ »

2011年5月14日 (土)

この目で見て感じた事・・・

東日本大震災から2ヶ月が過ぎました。先週末、おっとは職場のある大仙市(花火で有名な旧大曲市)が募った被災地への市民ボランティアに参加致しました。001 そろそろ震災の映像を以前のように見入る事もなくなってきたこの時期に、震災地に実際立ち自分の目で見て、一体どんな思いで帰宅するのか・・私的にはとても気になるところでした。

大仙市は秋田県内では、いち早く岩手県の遠野市に活動拠点を設置、そこからバスでの津波被害の甚大な宮古、大槌への移動、主なボランティアの作業内容は家屋の汚泥除去だったようです。

1日目の作業終了後に届いた短いメール、

“ 移動中に目に飛び込んできた光景、あまりにも広範囲、見事にスッパリ壊滅に

「無感動」となる ” 

「無感動」とは、おっとらしい表現だと苦笑してしまった私です。

一方で作業で訪れた一人暮らしのおばあちゃん、世間話もしながらもすでに今後の生活に前向きな姿勢、悲しむ時はもうすでに終わったのか、淡々としている様子だった事を帰宅後に聞きました。

日本はひとつ・・・などと言ってみても、現実は被災した方々の気持ちを分かちあう事などは所詮は無理があるかもと思います。でも立場、状況は違えども「出来る事をしたい」「すべき事をしたい」気持ちは同じだと思うのです。

東北はまだまだ、隣近所の付き合いが濃厚で、今回の大きな災害でその絆は更に深まり、離れ離れになる事を拒絶する声に、同じ経験をした仲間がいるから辛さも何とか出来るという事を感じ取れました。そこで私たちが出来る事・・・時間の経過とともにより十分に考え慎重に行動しなければ却って傷つけてしまう可能性があるかも?と。。。ボランティアそのものの様相も今後は心情も踏まえた上で、変化していかなければいけのではないかと思います。

さておっとですが、あくまでもボランティアとして作業に行くのだからとカメラは持参せずに出かけましたが、もしかしたら携帯のカメラ機能で・・・と思いきや、やはり1枚さえも撮らずに・・・いやとても被災者の方々の心うちを考えたら、撮れる心境にはならずとのことでした。

子供の遠足報告ではないので、あれこれ現状や感想はおっとの方から言い出す以外は聞いてはおりませんが、帰宅して翌朝にヘム連れで散歩へ出かけた時に改めて『平穏生活』のありがたさをかみ締めたようです。148 津波被害地はすでに復興に向けて動き始めているし、立ち止まる事なく進行していくでしょうけれど、今だ解決の方向さえ見えない原発問題は本当に気の重い事です。
さらに避難区域に残されたペットの事を考えたら、胸は締め付けられます。119 広い公園で思いっきり日差しを浴びて走り、春のにおいを堪能中のヘムの姿。
被災地でまだまだ彷徨っているペットや、避難区域でお腹をペコペコにしているペット達が・・・そのこ達がヘムと同様な『平穏生活』に少しでも早く戻れるようにと祈る気持ちでいっぱいです。

職場状況、時間が許せば再度ボランティアに参加したいと言うおっと、2泊3日の短い時間ながら、見て思い感じた事が「再参加」希望に込められていると私は感じとれました。

|

« 〆さくら、そして感謝 | トップページ | 偲び方色々・・・ »

ははのおしゃべり」カテゴリの記事

コメント

おっとさんすごく温かくて素敵な方ですね。
本当にお疲れさまです。

そうなんですよね。。。
阪神大震災を経験した被災者(私もですが)同士でも、
やっぱり人それぞれの状況と気持ちも同じでは
なかったので共感するというのは違うなぁと思いました。
こうやって被災者の心を思い気づかってボランティアして下さる方や何かしたいと思ってもらえることが
一番ありがたいことではないかと思います。
復興という目標がもてない福島の人たちの気持ちや
動物たちのことを考えると胸が苦しくて涙が止まらなくなります。
幸せなヘム君の笑顔で癒されました。どうもありがとう。

投稿: マルコ | 2011年5月14日 (土) 10時01分

おかえりなさい、そしてお疲れ様でした…
これから梅雨を、東北といえど暑い夏を迎えるのです。
時間は薬にもなるけど、容赦なく過ぎていきます。
後だしジャンケンのような会見や開き直り会見
どう考えても一般市民目線とは差がありますよね
でも、同じ日本という船に乗り合わせた私たち
必ず訪れる明日が、明るいと信じられるように
頑張りましょう!

投稿: YUUKO | 2011年5月14日 (土) 22時56分

clubマルコさ~ん
震災直後は命あっての事を感謝する気持ちで
皆さん、同じだったと思いますが
時間が経つにつれて人それぞれが微妙な感情差
ある事はしょうがない事だと思います。
ただ、被災者の方も、原発で避難している方も
災害のなかった私たちも
其々がいろんな方面から「何とかしなくては・・・」の気持ちは
誰しもが感じている事だと。。。
震災以来、ウツウツとしている気持ちを
私もそれなりに行動することによって
自身で解決していかなければいけない!と。
そういう事からしたら、おっとに少々
遅れをとったかも~と、悔しかったりしてcoldsweats01

投稿: ヘムmama | 2011年5月15日 (日) 07時13分

clubYUUKOさ~ん
今回の事で日本って民主国家だったよね~
と、疑心暗鬼に・・・
これまでのいい加減さが全て露出した感じ
明るく元気な日本が必ずや訪れると
信じながらも・・・抜本的対策を
全ての面で打ち出さなければ
将来的にはまた同じような事が~
革命とはいかないまでも
やはりカリスマ政治家がここで出現しなければ
太刀打できなのかも・・・と思うのよぉdespair

投稿: ヘムmama | 2011年5月15日 (日) 07時25分

ご主人様、ボランティアに行かれたのですか。
大変お疲れ様でしたm(__)m
まだまだ被災地の復旧は、前途多難と言う感じですね・・・。
本当に、様々な思いが交差する今回の震災です。
解決までには何重もの苦難があります。
でも、何とか復興したい!という思いは
日本全国、皆ひとつのはず。
これからやってくる暑い夏に向けて、
それぞれ思い思いの気持ちを胸に、
出来る事を頑張って行きたいものですね。

投稿: 万里ママ | 2011年5月16日 (月) 22時04分

club万里ママさ~ん
同じ東北人である事
大仙市は姉妹都市でもあるし
ボランティアは当然の流れですよ~

2泊3日では、早々人間性は変わり様も
ないですが・・・自分の目で見てこれた事は
万里ママさんがおっしゃるように
幾重にも苦難は、まだまだ続くでしょうから
ボランティアも一時的なものではなく
長いスパンで臨まなければいけない
そのための指標にはなりえたかもと思います。
暗闇の先には、光があるはず
人間は培った知恵と気力
「信じる」事で打破できるはず
きっと・・・

投稿: ヘムmama | 2011年5月17日 (火) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150934/39978527

この記事へのトラックバック一覧です: この目で見て感じた事・・・:

« 〆さくら、そして感謝 | トップページ | 偲び方色々・・・ »